スポンサーリンク

歌詞和訳 Billy Joel – Turn the Lights Back On

2020s

2024年発表のシングル。

Turn the Lights Back On

(Billy Joel, Freddy Wexler, Arthur Bacon, Wayne Hector)

Please open the door
Nothing is different, we’ve been here before
Pacing these halls
Trying to talk over the silence
And pride sticks out its tongue
Laughs at the portrait that we’ve become
Stuck in a frame, unable to change
I was wrong

ドアを開けてほしい
何ら変わりない、私達は前にも来た
この廊下を歩き回り
静寂をよそに語ろうとするも
プライドが舌を出し
肖像画になった私達を笑う
額縁の中に押し込められ、変わる事も出来ず
私は間違っていた

I’m late, but I’m here right now
Though I used to be romantic
I forgot somehow
Time can make you blind
But I see you now
As we’re laying in the darkness
Did I wait too long
To turn the lights back on?

遅ればせながら私は今ここにいる
前はロマンチックだったが
どうも忘れてしまった
時は人を盲目にするが
暗闇に横たわる中
今はあなたが見える
私は明かりを再び灯すのを
長く待ちすぎてしまったのかな

Herе, stuck on a hill
Outsiders inside the homе that we built
The cold settles in
It’s been a long winter of indifference
And maybe you love me, maybe you don’t
Maybe you’ll learn to, maybe you won’t
You’ve had enough, but I won’t give up
On you

ここ、丘の上にとどまる
私達が建てた家の中の部外者
寒さの続く
冷淡な長い冬だった
あなたはまだ私が好きかな、いや違うか
多分好きになってくれる、いやダメかも
あなたが懲り懲りだろうと
それでも私は諦めない、あなたを

I’m late, but I’m here right now
And I’m trying to find the magic
That we lost somehow
Maybe I was blind
But I see you now
As we’re laying in the darkness
Did I wait too long
To turn the lights back on?

遅ればせながら私は今ここにいて
なぜか失くしてしまった
魔法を見つけようとしている
私の目は見えていなかったのかも
暗闇の中に横たわり
それでも今はあなたが見える
明かりを再び灯すのを
私は長く待ちすぎたのかな

(piano solo)

I’m late, but I’m here right now
Is there still time for forgiveness?
Won’t you tell me how?
I can’t read your mind
But I see you now
As we’re laying in the darkness
Did I wait too long
To turn the lights back on?

遅ればせながら私は今ここにいる
許しを請う時間はまだあるだろうか
どうすればいいか教えてくれないだろうか
私にはあなたの心は読めないが
暗闇の中に横たわっていて
それでも今はあなたの姿は見える
明かりを再び灯すのを
私は長く待ちすぎたのだろうか

I’m here right now
Yes, I’m here right now
Looking for forgiveness
I can see as we’re laying in the darkness
Yeah, as we’re laying in the darkness
Did I wait too long
To turn the lights back on?

今はここにいる
そう、許しを求めて
私は今ここにいる
暗闇に横たわっていても
そう、暗闇の中でも私は見える
私は明かりを再び灯すのを
長く待ちすぎてしまったのだろうか


久しぶりの新曲(← I’m late)でファンに語り掛けている(多分)。


0:37
誰について歌っているのかと問われ、明示はしないと返す。いや想定しているはずだと詰められるも、話はエディットピアフの歌に。Non, je ne regrette rien (= 私は何も後悔しない)と彼女は高らかに歌うが、そんな事は人生においてあり得ないと二人の意見は一致。

6:20
「誰の歌なのか、特定の女性でしょ?」と再び問い詰められ「部分的にはそうだ。ただダブルミーニングで、人間関係と自身の人生を歌っている」と返答。

んー、ハワードスターンショウは率直な質問で秘話を引き出すやり取りこそが面白いわけだが、詞に関するこの詰問は行き過ぎかと。況して曲先で書く作家なんだから。勿論本人だって承知の上で出演してんだろうけど。

MV公開

70年代から2024年、我々的には昭和平成令和、半世紀に亘るピアノマンの変遷。

コメント