歌詞和訳 David Bowie – Love You till Tuesday コード

David Bowie (album),デヴィッドボウイ

67年のデビューアルバム David Bowie 所収。

Love You till Tuesday

(David Bowie)

F#
Just look through your window
       E
look who sits outside
B
Little me is waiting
          A
standing through the night
E        F#
When you walk out through your door
 B    A   G#
I’ll wave my flag and shout
E   C#m
Aaahh, beautiful baby
  F#     B
My burning desire started on Sunday
F#           B
Give me your heart and I’ll love you till Tuesday
ちょっと窓から覗いてごらん
外には誰が座ってる
ちっちゃな僕さ
夜通し待ちぼうけ
ドアから出てきてくれたら
手を振って大声でこう言うよ
ああ、なんて可愛い人
この僕の情熱は日曜に燃え始めた
君の心も捧げてくれたら火曜まで好きでいるよ

     F#      B
Da da da dum, Da da da dum
ダダダダン

Who’s that hiding in the apple tree
clinging to a branch
Don’t be afraid it’s only me
hoping for a little romance
If you lie beneath my shade
I’ll keep you nice and cool
Aaahh, beautiful baby
I was very lonely till I met you on Sunday
My passion’s never-ending and I’ll love you till Tuesday
枝にしがみついて
林檎の木に隠れてるのは誰
恐がらないで、それは僕さ
ちょっとロマンスなんか期待したりしてるんだ
僕の下まで来てくれたら
君を可愛らしく素敵にしちゃうよ
ああ、なんて愛しい人
日曜に会うまでとってもさみしかった
尽きない情熱、好きでいるのは火曜までだけど

     F#     B
Da da da dum, Da da da dum
     G      C
Da da da dum, Da da da dum
ダダダダン、ダダダダン

G
Let the wind blow through your hair
          F
be nice to the big blue sea
C
Don’t be afraid of the man in the moon
       Bb
because it’s only me
F     G
I shall always watch you
 C  Bb   A
until my love runs dry
F   Dm
Aaahh, beautiful baby
  G       C7
My heart’s aflame, I’ll love you till Tuesday
  G         C7
My head’s in a whirl and I’ll love you till Tuesday
G         C7
Love, love, love, love, love you till Tuesday
G         C7
Love, love, love, love, love you till Tuesday
髪は風にたなびかせとけばいいんだよ
自然に逆らっちゃダメ
見知らぬ人だって恐がらなくてもいいんだよ
僕なんだから
いつも君を見てる
僕の愛が枯れるまで
ああ、なんて可愛い人
僕の心は炎と燃え、火曜まで君に夢中
頭の中はグルグル、火曜まで君に夢中
火曜まで君を愛してる
火曜まで君を愛してる

     G      C
Da da da dum, Da da da dum (x4)
ダダダダン、ダダダダン

Well, I might be able to stretch it till Wednesday…
まあ水曜までのびるかも知れないけど…

本作は出世作 Space Oddity の一つ前のシングルだが2つの発表の間は2年も空いており、ボウイのタレントを世に知らしめる為の、本人は勿論マネジメント側の腐心の程が窺える。
そして起死回生の画策の一端と思しき、これら2つのシングルを含むプロモーション用フィルムが69年に作られる。

その表題も Love You till Tuesday で、上の動画はこのフィルムの冒頭部分。
(… だったが、動画消失につき差し替え。転調の無いアルバム版の音源を再掲。コード表記は半音上げ転調のまま)

Let’s Dance でボウイをほぼリアルタイムで知り、数年後に70年代の作品や Space Oddity に触れるという逆行的体験をした私は、本作を聴くに至りこの作家の多面性多様性に完全にヤラれてしまう。チルドレンソングの様な軽快さに終始ニンマリ。
本作発表のリアルタイムには私はまだ生まれていないが、もし「みんなのうた」か何かで流されていてそれを幼少期に耳にでもしていたらきっとすぐに虜になっていただろう。言葉は分からずとも Da da da dum の響きだけで充分。

the man in the moon はマザーグースを引いている。
日本では月に住むのは兎と決まっているが、欧米では男や老婆に見えたりするそうな。そこから転じて架空の人物を表す様になった。
the big blue sea も、同じマザーグースの中の the deep blue sea をちょっと変えたもので、強大な自然を海に代表させている。

斯様に fairy tale たるマザーグースに倣っているので、Little me は妖精と見なせる。
ただ、なぜ日曜から火曜までの3日間限定なのか、ボウイの真意は分かりかねる。
何せ表題ゆえ本作解釈上一番重要な所かも知れないけど… ただのシャレ?
まさかマザーグースならぬかぐや姫の様に期限があるのか。
最後の、水曜までのばせなくもないけど、てのが随分調子コイた言い草に聞こえなくもない…
(ま、これはシャレだろうが)