歌詞和訳 David Bowie – Scary Monsters (And Super Creeps) コード

Scary Monsters,デヴィッドボウイ

1980年発表の第14作アルバム Scary Monsters (And Super Creeps) の表題曲。81年に英20位を記録。

Scary Monsters (And Super Creeps)

(David Bowie)

E D E D A

E
She had an horror of rooms
D E
She was tired, you can’t hide beat
E
When I looked in her eyes
D E
They were blue but nobody home
E
Well, she could’ve been a killer
D E
If she didn’t walk the way she do, and she do
E
She opened strange doors
D E
That we’d never close again
彼女は部屋が怖かった
疲れていた、鼓動は隠せないもの
彼女の目を覗き込むと青い目をしていたが
そこに映る者はいなかった
歩き方が違えば彼女は人殺しになっていたかも
だけど彼女はそうやって歩いている
彼女は二度と閉める事のない
奇妙なドアを開けた

E D
She began to wail jealousy’s scream
C G E
Waiting at the light, know what I mean
彼女は信号待ちしながら嫉妬の叫び声を
上げ始めた、言ってる意味分かるだろ

B
Scary monsters, super creeps
B A
Keep me running, running scared
Scary monsters, super creeps
Keep me running, running scared
怖い怪物、超キモい奴に
怯えて逃げ続ける
怖いモンスター、超絶クリープに
怯えながら逃げる

(guitar solo in F#m A)

She asked me to stay
And I stole her room
She asked for my love
And I gave her a dangerous mind
Now she’s stupid in the street
And she can’t socialise
Well, I love the little girl
And I’ll love her till the day she dies
いてほしいと言われたから
彼女の部屋に入り込み
愛を求められたから
危険な心を与えてやった
今や彼女も街ではバカにされ
人付き合いも出来ない
でも、あの子の事は大好きだから
死ぬまで愛し続ける

She wails Jimmy’s guitar sound, jealousy’s scream
Waiting at the light, know what I mean
彼女は信号待ちしながらジミーのギターの様な
嫉妬の叫び声を上げた、言ってる事分かるだろ

Scary monsters, super creeps
Keep me running, running scared
Scary monsters and super creeps
Keep me running, running scared

(guitar solo in B)

Scary monsters and super creeps
Keep me running, running scared
Scary monsters and super creeps
Keep me running, running scared

E A E A D B

本作で実際にギターを弾いているのはロバートフリップだが詞にはジミーという名が登場する。ペイジを仄めかすものなのだろうか。

別の曲の録音に際しボウイがブラックモア的な音を要求してた事があった様な(それこそフリップに対してだったか… 超うろ覚え)。

本人の弁

3:00
It really is a sort of a nasty piece of Londonism. It is the character on that and it is a character. It’s not too subjective. That’s just objective about the few people I’ve met. Actually he’s a sort of a criminal with conscience I think. Maybe it is about me, let’s see. He talks in terms of how he corrupted a fine young mind and so it’s the corrupt talking having his own self doubts I think.
実際にはこれはロンドン訛りの嫌な奴みたいなもので、歌の上でのキャラクターに過ぎない。さほど主観的なものでもなく、僕が会った数人について客観的に捉えただけのもの。実は彼は良心を持った犯罪者みたいなもので、もしかしたら僕自分の事かも。彼は立派な若い心をいかに堕落させたかという観点から語っていて、それで自身に疑問を持ちながら乱れた話し方をしているのだと思う。

冒頭 a horror でなく an horror と歌っているのもこのコックニーアクセントで子音 h が脱落している為。これは音声を聞かずとも字面から分かる英語の方言の珍しい一例(can’t などは音からしかそれと知り得ない)。

表題について

The album’s title track was apparently indebted to an advertising campaign for Kellogg’s Corn Flakes, who were offering novelty gifts of “Scary Monsters and Super Heroes”.

The Complete David Bowie: New Edition: Expanded and Updated
(Nicholas Pegg)

「コーンフレークのキャンペーンやないか」
「いやオカンが言うにはボウイのアルバムらしいねんな」
「ほなコーンフレークと違うがな」