歌詞和訳 David Bowie – Oh! You Pretty Things コード

Hunky Dory,デヴィッドボウイ

1971年発表の第4作アルバム Hunky Dory 所収。

Oh! You Pretty Things

(David Bowie)

F G F Db6 Db
F G F Db6 Db
Db6 Db Db6 Db Db6 Db Db6


Gb Db
Wake up you sleepy head
Ebsus4 Ebm
Put on some clothes, shake up your bed
Gb Db
Put another log on the fire for me
Ab Eb
I’ve made some breakfast and coffee
起きなさい、お寝ぼけさん
着替えて、ベッドは整えるんだよ
火に薪をくべておくれ
朝食とコーヒーは作っておいたから


Gb Db
I look out my window and what do I see
Bb7 Ebm E B
A crack in the sky and a hand reaching down to me
Ab7 Db
All the nightmares came today
Db Gb
And it looks as though they’re here to stay
C Db D Eb Bb Fsus4 F
窓の外にふと目を遣る、すると見えるのは
空の裂け目、そしてこっちに向かって伸びて来る手
悪夢は今日この日にいっぺんにやって来て
我が物顔でずっと居着きそうだ


What are we coming to
No room for me, no fun for you
I think about a world to come
Where the books were found by the Golden ones
我々の行く末や如何に
居場所も無けりゃ慰み事も無く
黄金の者達が書物を見出した様な
来たるべき世界に思いを致す


Written in pain, written in awe
By a puzzled man who questioned what we were here for
All the strangers came today
And it looks as though they’re here to stay
その書物は、我々の存在意義を不思議に思って
問い求める者が苦しみと畏れを以って書いたもの
今日やって来た新参者はみな
ここに居着くみたいだ


(chorus)
Gb Bbm
Oh You Pretty Things
Ebm Db
Don’t you know you’re driving your
B7 Gb
Mamas and Papas insane
Oh You Pretty Things
Don’t you know you’re driving your
Mamas and Papas insane
おお、愛しい子らよ
母さんも父さんも普通にしていられないのは
お前さん達のせいなんだよ


(post-chorus)
Ab
Let me make it plain
Db B Gb
You gotta make way for the Homo Superior
つまりは
ホモスペリオルには道を譲らなきゃならないって事


Look out at your children
See their faces in golden rays
Don’t kid yourself they belong to you
They’re the start of a coming race
子供達をご覧よ
黄金の光を浴びたあの顔を
彼らが自分のものだなんてバカな事は思っちゃダメ
彼らこそがこれからの人種なんだから


The earth is a bitch
We’ve finished our news
Homo Sapiens have outgrown their use
All the strangers came today
And it looks as though they’re here to stay
地球ってのは厄介なもので
僕らの時代はもう過ぎ去ったのさ
ホモサピエンスは役目を終え
今日やって来た見知らぬ者達が
これからここに居着くみたいだよ


→(chorus)(post-chorus)


F G F Db6 Db
F G F Db6 Db
Db6 Db Db6 Db Db6 Db Db6
C C6 D D6 F C


上掲歌詞はスタジオ版に準拠、動画の歌唱とは少し異なる(意味に大差無し)。

davidbowie.com に記載の歌詞によれば Pretty Things と Mamas and Papas は大文字表記。すると前者は後の Pin Ups にて取り上げるバンド The Pretty Things に言及し、また後者は The Mamas & the Papas を仄めかしているのかも知れない。

自身の子の誕生とその新しい世代に寄せた歌ではあろうが、ただの子供賛歌ではなさそう。
作者ボウイの弁

The reaction of me to my wife being pregnant was archetypal daddy – Oh he’s gonna be another Elvis. This song is all that plus a dash of sci-fi.

妊娠した妻に対する僕の反応は典型的なお父さんのものだった。この子はきっとエルビスみたいになるってね。この歌はそういったものにSFの味を少し加えたものさ。

空の裂け目の件などは端的にSFっぽい。

英語話者は話し言葉ではエスエフでなくサイファイ(sci-fi)と発音するのが普通だが、何かのインタビューでボウイがスカイファイと言っているのを耳にした事がある。
スカイの方が何かカッコいい。それこそSFっぽい。SFっぽいの好き(余談)。

Homo sapiens はラテン語で「賢い人間」の意。
Homo Superior は恐らくボウイが傾倒したニーチェの超人思想の影響で持ち出した語。
Übermensch(独) = Superhuman(英) = 超人 = Homo Superior

ホモサピエンスたる我々の世代は来たるべきホモスペリオルの世代に道を譲るべしという、保守性などは完全に放棄したボウイの考え。彼の他の多くの歌にも通じるテーマ。

それでも All the nightmares や driving your Mamas and Papas insane の件は、新世代の出現とその振る舞いに旧世代が困惑するのは世の常だという事を表しており、両者の間に立った、ボウイなりの配慮を感じる。急進的な物言いでは相互理解どころか両者を断絶させるだけという事がよく分かってらっしゃる。するとSFを持ち出したのは、それが旧世代にも浸透する文化であり、新旧間のモデレータとして機能させる為だったのかも知れない。