歌詞和訳 Rainbow – All Night Long コード

Down to Earth,グラハムボネット,レインボー

1979年発表の第4作アルバム Down to Earth の開始曲。翌80年、英5位を記録。

All Night Long

(Ritchie Blackmore, Roger Glover)

Gm Bb F Gm

Bb
You’re walking up with your eyes on me
F
It’s looking good but I just don’t know
Eb Bb F
I need a girl who can keep her head all night long
Bb
You didn’t come just to see the show
F
I guess you know what you want to see
Cm Eb Bb
The way you smile lets me know I can’t go wrong

俺を見つめながら歩いて来るお前
いい感じだが、どうだろう
一晩中冷静でいられる女がいいんだが
お前もただショウを見に来たわけじゃない
何が見たいのか自分でも分かってるんだろ
その微笑みで俺は間違いないって思えるよ

Cm Ab
I wanna touch you, wanna feel you
Cm F
I wanna make you mine

お前に触れたい、お前を感じたい
お前をものにしたいんだ

Gm
I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long
I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long

一晩中お前を愛したい
一晩中お前と一緒にいたい

I saw you standing down by the stage
Your black stockings and your see-through dress
Your mouth is open but I don’t want to hear you say good night
You’re sorta young but you’re overage
I don’t care cause I like your style
Don’t know about your brain but you look alright

舞台脇に立ってるお前が見えたよ
黒のストッキングにシースルーのドレス
口は開いているがおやすみなんて聞きたくない
若い方だが年は食ってる
気にはならないよ、そのスタイルが好きだから
脳みそはどうだか知らないが見た目は悪くない

I wanna touch you, wanna feel you
I wanna make you mine

お前に触れたい、お前を感じたい
お前をものにしたいんだ

I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long
I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long

一晩中お前を愛したい
一晩中お前と一緒にいたい

(guitar solo)
Cm Ab
Cm Ab
Cm Ab
F

Bb
Your mind is dirty but your hands are clean
F
You’re short of class but your legs are long
Eb Bb F
I know I can’t stand another night on my own
Bb
Hey girl, would you like some wine?
F
What’s your name, are you by yourself?
Cm Eb Bb
Are you the one, what’s your sign, can I take you home?

心は汚いが手は染まっていない
品は無いが脚は長い
一人の夜はもう耐えられないから
ねえ、ワインなんかどうだい?
名前は?一人?
運命の人?星座は?家まで送ろうか?

I wanna touch you, wanna feel you
Wanna make you mine

お前に触れたい、お前を感じたい
お前をものにしたいんだ

I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long
I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long

一晩中お前を愛したい
一晩中お前と一緒にいたい
オールナイトロング


ビデオのド頭、I Surrender のエンディングが鳴っとる… て事はプロモ集とかTV番組か何かから切り取った映像?

3:20
keep her head でなく give me head と歌唱。

5:28
出回る詞に I can’t stand to spend another night みたいなのがあったのはここから来てんのか(↓も同じ)。

0:30
give me head (= head job = blow job)
つまりは、口腔性交してくれる女がいい、と。

上の79年の白黒映像でも同様にこう歌っているが、寧ろこっちが元々の詞だったのだろう。強ち邪推でもあるまい。スタジオ版の keep her head (冷静を保つ)の方が不自然だもの。

で、まあ何にせよ、本作の詞は性差別との誹りを受け、英国の週刊音楽紙 Sounds が音楽における性差別に関する見開き記事を掲載するに至る。しかしブラックモアはそれを逆手に取って同紙次号(1980年10月11日)の表紙にこんな格好で登場し、取材に答える。

中々似合ってる… Blackmore の black stockings…

What do you think of the sexist pig attack you’ve had for the lyrical content of 'All Night Long’?

“I think there’s a lot of women who are very boring. Everybody knows it’s all tongue in cheek, and anybody who doesn’t know that isn’t worth being talked about anyway. The whole world has always been men running after women, and the woman is the peacock going around with her feathers up, so that’s the way it will always be no matter how many people go around trying to change it."

為にする反論とか釈明でない、一人の男としての全く正直な告白。今これをやったら余計にギャーギャー言われること請け合い。
ま、詞が滅茶苦茶なのは事実だけど。名前は?星座は?なんて質問攻め、男からしたってウザいし。

で、記事によれば80年秋の時点でドラマーのパウエルは既にバンドを去り、ボビーロンディネリに交代。ボネットはまだ脱退していないもののLAの自宅におり、次作アルバムの制作には不在で、ボーカル以外のバッキングトラックの録音のみが進捗。この時点でアルバム名 Difficult to Cure への言及はないが、シングル候補に I Surrender と Magic の2曲があると明かされている。

さてそのボネット、ブラックモアにギターぶん投げられる伝説の検証を少し

散々髪は伸ばせと言い含められていたボネット、タクシーに飛び乗り髪を切るべく宿を抜け出す。その夜のステージ上、さっぱりした彼の襟足を見たブラックモアは後ろからギターでぶん殴ってやろうという衝動に駆られる(so tempted)。

… つまりは(この告白が嘘や記憶違いでなければ)未遂に終わっている。
数十年前この噂を耳にした時、それでもあのスタイルを貫き通したボネットって男前だなあって思ったもんです。そんで今この告白を聞くにつけ、寧ろブラックモアがハードロッカーのステレオタイプに囚われ過ぎてるなあと。ファンはそんなスムーズなヘアスタイルじゃなくラフなものを求めてる、なんて決めつけてるし。
ああそれにしてもボネット歌唱の I Surrender 聴いてみたかったなあ。