歌詞和訳 Queen and David Bowie – Under Pressure コード

クイーン,デヴィッドボウイ

81年発表、英1位のヒットシングル。
82年のクイーンの第10作アルバム Hot Space に収録。

Under Pressure

(Queen, David Bowie)

D A
Um boom ba bay, Um boom ba bay
G A
Um Um boom ba bay bay

D
Pressure
A
Pushing down on me
G
Pressing down on you
A
No man ask for
プレッシャーが
僕を押さえ付け
君にのしかかる
誰も頼みもしないのに

D
Under pressure
A
That burns a building down
G
Splits a family in two
A
Puts people on streets
建物を焼き倒し
家族を引き裂き
人を路頭に迷わせる
プレッシャーの下

Um ba ba bay, Um ba ba bay
Dee day duh, Ee day duh, That’s okay

G
It’s the terror of knowing
A
What this world is about
G
Watching some good friends
A
Screaming let me out!
G A
Pray tomorrow takes me higher
D
Pressure on people
G A
People on streets
親しい友達がここから出してくれと
悲鳴を上げているのを見て
この世の本当の姿を知るのは
恐ろしい事だ
明日は良くなるよう祈ろう
のしかかるプレッシャー
路頭に迷う人々

Day day day
da da dup bup bup
Okay

Chipping around
I kick my brains around the floor
These are the days
It never rains but it pours
特にする事も無く
ぼんやり考える
このところ
降れば必ずどしゃ降り

Ee do bay bup, Ee do bay ba bup
Ee do bup, Bay bup

People on streets
Dee da dee da day
People on streets
Dee da dee da dee da dee da
路頭に迷う人々
路頭に迷う人々

It’s the terror of knowing
What this world is about
Watching some good friends
Screaming let me out!
Pray tomorrow takes me high high higher
Pressure on people
People on streets
親しい友達がここから出してくれと
悲鳴を上げているのを見て
この世の本当の姿を知るのは
恐ろしい事だ
明日は良くなるよう祈ろう
のしかかるプレッシャー
路頭に迷う人々

G
Turned away from it all
C
Like a blind man
G C
Sat on a fence but it don’t work
G
Keep coming up with love
C
But it’s so slashed and torn
A F G
Why? Why? Why?
A
Love Love Love!
何も見えぬ振りで
現実に背を向け
日和見してたけど、何の役に立つわけでなし
愛にすがり付く
でもそれも切り裂かれてしまっている
なぜ?なぜ?
愛、愛

A
Insanity laughs under pressure we’re cracking
D A
Can’t we give ourselves one more chance?
D A
Why can’t we give love that one more chance?
D
Why can’t we give love give love give love give love?
Give love give love give love give love give love?
狂気が笑い、プレッシャーの下で僕らはくじけそう
もうチャンスは無いのか
なぜ僕らは愛にもう一度チャンスを与えられないのか
なぜ愛に…

G A D
Cause love’s such an old fashioned word
A G
And love dares you to care
A D A
For the people on the edge of the night
G A
And love dares you to change our way
D A
Of caring about ourselves
G A
This is our last dance
G A
This is our last dance
D A G
This is ourselves
Under Pressure
Under Pressure
Pressure
なぜなら愛なんて時代遅れの言葉
闇夜のふちにかろうじて立っている人々を
気にかける覚悟があるのかと愛が問い掛けてくる
自分の事だけを考えるやり方を変えられるのかと
愛が詰め寄ってくる
これは僕らの最後のダンス
これが僕らの最後のダンス
これが僕らの姿
プレッシャーの下
プレッシャーの下
プレッシャー

Queen と David Bowie のジャムセッションから出来た曲で、フレディマーキュリーのスキャットがその名残り。
ロジャーテイラー作の Feel Like という曲が元になっている。
共作とは言え、多くはマーキュリーの着想という証言もあるので作詞もそうなのかも知れない。

原曲(まだあのベースリフは聞けない)

ビデオの冒頭は朝の新宿駅?外圧で動く(働く)人々(という描写)。
日本でも人気だった彼らは勤勉な日本人の背後にプレッシャーを感知したのか。
続いて苦悶や狂気の表情が挿入されている。
日本語としてのプレッシャーやストレスという言葉が人の口に上る様になったのもこの頃か。

press

It never rains but it pours
こんなことわざ、教科書以外では初めて目にした気がする…

Keep coming up with love
But it’s so slashed and torn
なぜ愛は引き裂かれているのか?
ここが何だか無理に話を盛り上げようとしてるみたいに思えてしまう。
続けて Why? Why? の絶叫だし。
(ま、全てはプレッシャーのせいなのだろう)
で、love という言葉が時代遅れだと言う。ボウイはここから Modern Love などという言い回しを思いついたのか。

最後には Band Aid の様なチャリティ運動を先取りしたとも言うべき問い掛けをしている。

クイーンによる本作の公演での初披露(於モントリオール、絵がきれい)。
この日は81年11月24日で、マーキュリーの死のちょうど十年前。
シングルコイルっぽいベース音が生々しくていい。

82年のサタデイナイトライブ。声の調子はいまいち。

Gail Ann Dorsey (ベース)の独壇場。
何せ歌唱だけでなく、本作を象徴するベースリフも彼女が鳴らしているから。
それを分かってかボウイも一歩引いている。
彼がそれまで本作を公演でやらなかったのも、きっと歌える人がいなかったからなのだろう。

ビデオの中で共演