歌詞和訳 Bruce Springsteen – Born in the U.S.A. コード

Born in the U.S.A.,ブルーススプリングスティーン

1984年発表の第7作アルバム Born in the U.S.A. の表題曲にして開始曲。米9位、英5位を記録したヒットシングル。

Born in the U.S.A.

(Bruce Springsteen)

B
Born down in a dead man’s town
The first kick I took was when I hit the ground
E
You end up like a dog that’s been beat too much
Till you spend half your life just covering up
死人の町に産み落とされ
出端を挫かれれば
半生をただ取り繕って過ごすまでに
打ち負かされた犬みたいになってしまう


B
Born in the U.S.A., I was born in the U.S.A.
E
I was born in the U.S.A., born in the U.S.A.
俺はアメリカに生まれた


Got in a little hometown jam
So they put a rifle in my hand
Sent me off to a foreign land
To go and kill the yellow man
地元でちょっと窮地に立つと
手にライフルを握らされ
黄人を殺しに出向くよう
異国の地へ送られた


Born in the U.S.A., I was born in the U.S.A.
I was born in the U.S.A., I was born in the U.S.A.
俺が生まれたのはアメリカ


Come back home to the refinery
Hiring man said “Son, if it was up to me"
Went down to see my V.A. man
He said “Son, don’t you understand"
故郷に戻り精油所へ行くと
採用係が言う「若者よ、私の一存であればな」
退役軍人局の人に会いに行った
彼は言った「若者よ、分からんか」


I had a brother at Khe Sanh
Fighting off the Viet Cong
They’re still there, he’s all gone
He had a woman he loved in Saigon
I got a picture of him in her arms
俺にはケサンで
ベトコンの撃退にあたる兄貴がいた
連中はケサンに健在だが、兄貴はもういない
彼はサイゴンに愛した女がいた
その彼女に抱かれた彼の写真を俺はもらった


Down in the shadow of the penitentiary
Out by the gas fires of the refinery
I’m ten years burning down the road
Nowhere to run ain’t got nowhere to go
刑務所の近く
精油所のガスの炎のすぐそばで
俺はもう十年も車で突っ走っている
逃げ場も無ければ行く宛も無い


Born in the U.S.A., I was born in the U.S.A.
Born in the U.S.A.
I’m a long gone Daddy in the U.S.A.
Born in the U.S.A., born in the U.S.A.
Born in the U.S.A.
I’m a cool rocking Daddy in the U.S.A.
アメリカに生まれた
アメリカに生まれた
俺はいなくなって久しいアメリカの男
生まれは合衆国
生まれは合衆国
俺はアメリカのイカしたロック野郎


84年の大統領選で再選を期す共和党ロナルドレーガンが本作の真意を取り違えたと言われるが、遊説先で特に本作に言及したわけではない。

Ronald Reagan, running for reelection, picked up on Will’s theme six days later while campaigning in Hammonton, N.J.: “America’s future,” he said, “rests in a thousand dreams inside your hearts. It rests in the message of hope in the songs of a man so many young Americans admire—New Jersey’s own, Bruce Springsteen.”

人気取りの為に地元ゆかりの著名人や名物を引き合いに出すのはどの国も同じ。まあ遊説なんてその程度のもの。
そしてスプリングスティーンへの言及がどの程度直接寄与したかは知り得ないが、NJ州でレーガンは勝利。尤もほぼ全州で圧勝し再選されたのだが。

レーガンはこの歌(の皮肉)どころか、この歌い手の名前すら知らなかったというのも十分考えられる。

“Well, the president was mentioning my name in his speech the other day, and I kind of got to wondering what his favorite album of mine must’ve been, you know? I don’t think it was the Nebraska album. I don’t think he’s been listening to this one.” He then kicked off “Johnny 99,” one of his many slit-your-wrists songs from his previous album, Nebraska.

スプリングスティーンが皮肉めかして言及し返した様に、少なくとも前作アルバム Nebraska を大統領は全く知らなかっただろう。

引用記事の見出しは Bruce Springsteen, Accidental Patriot だが、本作の様な歌を歌った彼が実際に愛国者であるのもまた事実。

このNJ州遊説に先立ち、スプリングスティーンのマネジメントはレーガンの側近から自陣支持について質されていたが、彼らが支持を表明する事は無かった。
当時のスプリングスティーンはしかし一方で民主党候補者(モンデール)を支持する事も無かった。

82年のデモ版

前作 Nebraska のアウトテイク。元は詞と曲の親和性の高い、分かり易い歌だったと言える。
発表されたのがこれだったらきっとレーガンがスプリングスティーンを取り上げる事も無かっただろう。我々非英語話者ですらこの陰鬱な歌が米国賛歌だなんて思わない。ただそれ以前に当時の音楽市場に圧倒的な支持を以って迎えられる事も無かっただろうが。

I’m a Long Gone Daddy (Hank Williams)


追記

スプリングスティーンから本作(の原型)を初めて聞いた時にドラマーのマックスワインバーグの頭に浮かんだのがこれ

The Rolling Stones – Street Fighting Man

で、チャーリーワッツになりきって叩いたんだそうな。