歌詞和訳 The Rolling Stones – Heart of Stone コード

ローリングストーンズ

1964年発表、米19位を記録。
65年にアルバム Out of Our Heads(英国版)に収録される。

Heart of Stone

(Jagger/Richards)

G7 C G7 C

G7 C C7 F
There’s been so many girls that I’ve known
D G
I’ve made so many cry, and still I wonder why
付き合ってきた女は数知れず
たくさん泣かしてきた、なんでそんな事したんだろうって今だに思うけどね

Am
Here comes a little girl, I see her walking down the street
She’s all by herself, I try and knock her off her feet
可愛い娘がやって来た、通りを歩いて行く
ひとりぼっちの彼女、気を引こうとする俺

F G
'Cause you’ll never break, never break, never break, never break
Am C G
This heart of stone, oh no no, this heart of stone
絶対に無い、絶対にあり得ない
この俺の冷酷な心がくじけるなんて

What’s different about her I don’t really know
No matter how I try, I just can’t make her cry
彼女が他とどう違うかなんて知らないけど
どうやったって泣くような事は無い

'Cause you’ll never break, never break, never break, never break
This heart of stone, oh no no no, this heart of stone
絶対に無い、絶対にあり得ない
この石の様に冷たい心が折れるなんて事は

Don’t keep on looking that same old way
If you try acting sad, you’ll only make me glad
Better listen little girl, you go on walking down the street
I ain’t got no love, I ain’t the kind to meet
そんないつもの眼差しはもう勘弁だ
悲しそうな素振りをしたって俺を喜ばせるだけ
よく聞くんだ、通りを歩いて去って行きな
俺には愛が無いし、付き合う様な男じゃない

'Cause you’ll never break, never break, never break, never break
This heart of stone, oh no no, you’ll never break this heart of stone darling
絶対に無い、絶対にあり得ない
この俺の冷酷な心がくじけるなんて

Am C G
No no this heart of stone
You’ll never break it darling
You won’t break this heart of stone, oh no no no
You better go, you better go home
'Cause you’ll, you’ll never break this heart of stone
You better, you better drive on home
この冷酷な心
壊せやしない
俺は動じない
もう行けよ、家にお帰り
気変わりさせようったって無駄
車に乗って帰るんだ

ドナルドトランプが本日2017年1月20日、第45代米国大統領に就任。
彼はキャンペーン時にストーンズの曲を集会で流したが、当のストーンズから使用中止要請を受ける。
ところが勝利宣言の退場時の曲に You Can’t Always Get What You Want を堂々と使用。要請を完全にシカト。

そして昨日の就任コンサート、非難もどこ吹く風とばかりに流したのが本作。

さてその詞。
語り手の放言を額面通りに取れば、この男は女と別れようともへっちゃらな女たらしという事になる。
新大統領は「俺を批判する君達だってこんなフェミニストが顔をしかめそうな歌を歌っているじゃないか」とストーンズに当て付けたのか。
それとも自身が何事にも動じない硬骨漢だと言いたいのか。

片やこの詞は反語とも取れ、するとその放言は即ち失恋の度に打ちのめされてしまう男の強がりに過ぎず、たちまちこの男は虚勢だけの小心者に成り下がる。
まさかトランプ本人がこんな解釈はしないだろうが。

何にせよ、熱心なファンかどうかは分からないが、きっと合衆国新大統領は英国のストーンズの歌に親しんできたのだろう。