歌詞和訳 The Velvet Underground – I’m Waiting For The Man

The Velvet Underground & Nico,ヴェルヴェットアンダーグラウンド

1967年発表のデビューアルバム The Velvet Underground & Nico 所収。

I’m Waiting For The Man

(Lou Reed)

I’m waiting for my man
Twenty-six dollars in my hand
Up to Lexington, 125
Feel sick and dirty, more dead than alive
I’m waiting for my man
あいつを待ってる
26ドルを手に
レキシントン通り125丁目まで来た
ひどく気持ち悪くて生きた心地がしない
俺はあいつを待ってる

Hey, white boy, what you doin’ uptown?
Hey, white boy, you chasin’ our women around?
Oh pardon me sir, it’s furthest from my mind
I’m just lookin’ for a dear, dear friend of mine
I’m waiting for my man
おい白人のガキ、アップタウンで何やってんだ
こらてめえ、俺らの女を追い回してんのかよ
いえいえ、滅相もない
大切な友達を探してるだけですよ
親友を待ってるんです

Here he comes, he’s all dressed in black
PR shoes and a big straw hat
He’s never early, he’s always late
First thing you learn is that you always gotta wait
I’m waiting for my man
Oh, work it now
あいつが来た、黒ずくめで
先の尖った靴にでっかい麦わら帽
あいつが早く現れる事はない、いつも遅れる
最初に学ぶのはいつも待たされるって事
俺はあいつを待ってる
ああ、早くしてくれよ

Up to a brownstone, up three flights of stairs
Everybody’s pinned you, but nobody cares
He’s got the works, gives you sweet taste
Ah then you gotta split because you got no time to waste
I’m waiting for my man
赤茶色のテラスハウスを3階まで上がる
目に留まろうが誰も気にはかけない
注射針なんかもあるし、いいのをくれる
もらったら離れる事、ちんたらはしてらんない
俺はあいつを待ってる

Baby don’t you holler, darlin’ don’t you bawl and shout
I’m feeling good, you know I’m gonna work it on out
I’m feeling good, I’m feeling oh so fine
Until tomorrow, but that’s just some other time
I’m waiting for my man
大声あげて叫んだりわめいたりしないでおくれ
今はいい気分なんだ、これから何とかするから
いい気分、ああ気持ちいい
明日まで、まあ先の話だけど
俺はあいつを待ってる

Walk it home
歩いて持って帰ろう

ヘロインを求めてスパニッシュハーレムにやって来た男の歌。
薬が切れたのか既にヘロヘロ(feel sick and dirty)。
作者ルーリードによれば、26ドル以外は実話。

PR shoes = Puerto Rican shoes = 先の尖ったエナメル革の靴
麦わら帽に黒ずくめと併せて、当時のプエルトリコ人ディーラーの定番スタイル。

my man とは語り手が待ち合わせるこのディーラーを指す。
ただ、それこそプエルトリカンなのか、非白人にビビらされる場面では、親友と待ち合わせていると嘘をついてやり過ごそうとしているのだろう。
実話と言うのだから作者本人もかわいがりを受けたのか。

最後のは恋人とのやり取りだろうか。

The Yardbirds

この動画の記載情報によればジミーペイジがルーリードからコードと詞を聞いてカバー。

Reed + Bowie