歌詞和訳 Carole King – Tapestry

Tapestry,キャロルキング

1971年発表の第2作アルバム Tapestry の表題曲。

Tapestry

(Carole King)

My life has been a tapestry of rich and royal hue
An everlasting vision of the ever changing view
A wondrous woven magic in bits of blue and gold
A tapestry to feel and see, impossible to hold
私のこれまでの人生は豊かで気高い色合いのタペストリー
それは永遠の夢の様な千変万化の光景
細かい青や金の素敵な織物の魔法
感じ取るものであり、触れはしないものだった

Once amid the soft silver sadness in the sky
There came a man of fortune, a drifter passing by
He wore a torn and tattered cloth around his leathered hide
And a coat of many colors, yellow-green on either side
かつて空の柔らかな銀色の悲しみの中に
通りがかりの金持ちの放浪者が現れた
彼は柔肌に破れたボロボロの布と
色とりどりで左右が黄緑のコートを身に着けていた

He moved with some uncertainty, as if he didn’t know
Just what he was there for, or where he ought to go
Once he reached for something golden hanging from a tree
And his hand came down empty
彼の動きはどこか不安げで、なぜそこに来たのかも
どこへ行くべきかも分からない様子だった
木からぶら下がる黄金のものに伸ばしたが
下ろしてみるとその手には何もなかった

Soon within my tapestry along the rutted road
He sat down on a river rock and turned into a toad
It seemed that he had fallen into someone’s wicked spell
And I wept to see him suffer though I didn’t know him well
やがて私のタペストリーの中で、彼は轍のある
道沿いの川の石に座るとヒキガエルになった
誰かの邪悪な呪文にかかった様だった
私は彼をよく知らなかったが、彼が苦しむのを見て涙した

As I watched in sorrow, there suddenly appeared
A figure gray and ghostly beneath a flowing beard
In times of deepest darkness, I’ve seen him dressed in black
Now my tapestry’s unraveling, he’s come to take me back
He’s come to take me back
悲しみに暮れて見ていると、突然
長く伸びた顎ひげの下に灰色で幽霊の様な姿が現れた
深い暗黒の時代に私は黒に身をまとった彼を見た事がある
今、私のタペストリーはほどけていき
彼が私を連れ戻しにやって来た

寓話の様な表題曲。

作者の弁

It is typical of the magic that seems to surround that album, a magic for which I feel no personal responsibility, but just sort of happened, that I had started a needlepoint tapestry, I don’t know, a few months before we did the album, and I happened to write a song called ‘Tapestry,’ not even connecting, you know, the two up in my mind. I was just thinking about some other kind of tapestry, the kind that hangs and is all woven, or something, and I wrote that song. And, you being the sharp fellow you are, (giggles), put the two together and came up with an excellent title, a whole concept for the album.

“アルバムを取り巻いていると思えるのは魔法の典型的なものだけど、その魔法も自分のおかげとは全く感じられない。ただの偶然。自分でもよく分からないけどアルバムに取りかかる数ヶ月前に私はレース編みのタペストリーを始めていた。そしてたまたま「タペストリー」という曲を書いた。心の中にはあったその二つを結び付けもせずに。違う種類の、壁にかける、織り込まれた様なタペストリーの事を考えていて、そしてその歌を書いた。それから、勘のいい人が(くすくす笑い)その二つをくっ付けてアルバム全体のコンセプトとなる優れたタイトルを思い付いた。"

作者が当時実際に編み物をやっていたとはつゆ知らず。
「勘のいい人」が指すのはこのインタビュアー(メディア)?それとも旦那さん?はたまた本人?