歌詞和訳 Pink Floyd – See Emily Play

デヴィッドボウイ,ピンクフロイド

1967年発表の、英5位を記録した第2作シングル。同年発表のデビューアルバム The Piper at the Gates of Dawn の米国版に開始曲として収録。日本ではデビューシングル(邦題:エミリーはプレイガール)。

See Emily Play

(Syd Barrett)

Emily tries but misunderstands
She’s often inclined to borrow somebody’s dreams 'til tomorrow
エミリーはどうしても勘違いしてしまう
よく次の日まで誰かの夢を借りたがるけど


There is no other day
Let’s try it another way
You’ll lose your mind and play
Free games for May
See Emily play
別の日なんてないんだから
別のやり方でやってみようよ
気が変になって
5月のフリーゲームをやるだろうね
ほらエミリーがやってるよ


Soon after dark, Emily cries
Gazing through trees in sorrow, hardly a sound 'til tomorrow
日が暮れるとすぐエミリーは泣きだす
夜明けまでほとんど音を立てない木々を
悲しみに暮れて見つめながら


There is no other day
Let’s try it another way
You’ll lose your mind and play
Free games for May
See Emily play
別の日なんてないんだから
別のやり方でやってみようよ
気が変になって
5月のフリーゲームをやるだろうね
ほらエミリーがやってるよ


(interlude)


Put on a gown that touches the ground
Float on a river forever and ever, Emily
地面にまで届くドレスを着て
永遠に川に浮かんでな、エミリー


There is no other day
Let’s try it another way
You’ll lose your mind and play
Free games for May
See Emily play
別の日なんてないんだから
別のやり方でやってみようよ
気が変になって
5月のフリーゲームをやるだろうね
ほらエミリーがやってるよ


本作は発表の前月、67年5月にロンドンの Queen Elizabeth Hall にて開催されたコンサート Games for May で演奏された時はその同じ Games for May という題名だった(詞中にも言及あり)。演出にシャボン玉マシンを使ったところ備品を汚してしまい、バンドはその会場を出禁になったそうな。

David Bowie

Gazing in trees in sorrow

オリジナルラブ「エミリーはプレイガール」

邦題を流用。日本語詞は田島貴男の手による。