歌詞和訳 The Kinks – You Really Got Me コード

キンクス

1964年発表、英1位、米7位を記録したヒットシングル。後に同年発表のデビューアルバム Kinks に収録。

You Really Got Me

(Ray Davies)

FGGFG FGGFG
Girl, you really got me goin’
You got me so I don’t know what I’m doin’
Yeah, you really got me now
You got me so I can’t sleep at night
GAAGA GAAGA
Yeah, you really got me now
You got me so I don’t know what I’m doin’, now
CDDCD CDDCD
Oh yeah, you really got me now
You got me so I can’t sleep at night
CDDCD
You Really Got Me
You Really Got Me
You Really Got Me
なあ、君は僕を駆り立てるんだ
君にやられちまって自分が何やってんのかも分からない
もう完全にハマっちまった
夜も眠れやしないんだぜ
もう君の虜
自分が何やってんのかも分からない
そうさ、やられちまった
夜も眠れやしない
もう完全にハマっちまった

(2nd verse, chorus)
See, don’t ever set me free
I always wanna be by your side
Girl, you really got me now
You got me so I can’t sleep at night
Yeah, you really got me now
You got me so I don’t know what I’m doin’, now
Oh yeah, you really got me now
You got me so I can’t sleep at night
You Really Got Me
You Really Got Me
You Really Got Me
ねえ、ほったらかしはないだろ
いつも側にいたいのに
君にやられちまった
夜も眠れやしない
君の虜さ
もう自分が何やってんのかも分からない
そうさ、やられちまった
夜も眠れやしない
もう完全にやられちまった

Oh no… もーだめ…
(solo in FGGFG)
→(2nd verse, chorus)
D D D D

ギターソロを弾いたのは作者レイデイビズの実弟でリードギタリストのデイブデイビズではなく、当時セッションプレイヤーだった、ヤードバーズ加入前のジミーペイジだったという噂がある[あった]。
アルバムの一部の曲にリズムギタリストとして参加していたのは事実らしいが、ソロに関してはペイジ本人は否定している。ただピアノで参加したディープパープル結成前のジョンロードもソロはペイジだったと言っている。
どうなんだろう。ペイジが流暢なソロイストだとは思わないけど、ここまでアタックの強い音を出すとも思えないから、やっぱデイブが弾いたのでは。

このパワーコードのギターリフをヘビーメタルやパンクの嚆矢とする向きもある。
歪んだ音は、アンプのスピーカーを剃刀で切り裂き、ピンで穴を開けて得たものらしい。
エフェクト機材で電気的に音色を変えるのが当たり前だと思っている現代の我々からすると嘘みたいな話だが、ビビリ音を得るのに、この物理的な工夫も理に適ったやり方ではある。でもやっぱいきなり新品のアンプに穴を開けようなんて思わないだろうから、たまたまくたびれた古いアンプに傷でも付いていてその音が案外良かったりした事から思い付いたやり方なのだろう。

詞の解釈は… 不要ですね。君に惚れてしまった、ゾッコンだっていうラブソング。
おっとあぶない。ラブって言葉、実は一度も登場しません。
これは意図的にそうしたんじゃないかと思ったりして。
だから本作は、ユリガミソングです(何のこっちゃ)。

Van Halen

私のユリガミの入り口はこっちでした。詞がちょっと違うけど内容に大差なし。

バスドラがエラい事になっとる。それにしても、客ドン引き…

日本の女子中高生の方が盛り上がってるぜい!こっちも口パク当て振りだけど…
Fasten your seatbelt ! 決まったぜ!
ところで共演するという隣の日本のバンドは誰?

キンクス

Posted by deni