歌詞和訳 The Beatles – I Want to Hold Your Hand コード

ビートルズ

1963年発表のシングル。英米で1位を記録。

I Want to Hold Your Hand

(Lennon/McCartney)

C C D C C D C C D

G D
Oh yeah, I’ll tell you something
Em B7
I think you’ll understand
G D
When I’ll say that something
Em B7
I want to hold your hand
ああ、これを君に聞いてほしい
分かってもらえると思う
言うとするなら
君の手を握りたいんだ

C D G Em
I want to hold your hand
C D G
I want to hold your hand
君の手を握っていたい

Oh please, say to me
And let me be your man
And please, say to me
You’ll let me hold your hand
ああお願い、言って
君の男にして
お願いだから言って
手を握らせてくれるって

You let me hold your hand
I want to hold your hand
君の手を握らせて
僕は握っていたいんだ

Dm7 G C Am
And when I touch you I feel happy inside
Dm7 G C
It’s such a feeling that my love
C C D
I can’t hide
I can’t hide
I can’t hide
君に触れると幸せがこみ上げる
この愛は隠せない
そんな気分さ

Yeah, you got that something
I think you’ll understand
When I’ll say that something
I want to hold your hand
ねえ、聞いたでしょ
分かってもらえると思う
言うとするなら
君の手を握りたいんだ

I want to hold your hand
I want to hold your hand

And when I touch you I feel happy inside
It’s such a feeling that my love
I can’t hide
I can’t hide
I can’t hide

Yeah, you got that something
I think you’ll understand
When I’ll feel that something
I want to hold your hand
ねえ、聞いたでしょ
分かってもらえると思う
そんな気持ちになったら
君の手を握りたくなるんだ

C D G Em
I want to hold your hand
C D B7
I want to hold your hand
C D C G
I want to hold your hand

ボブディランとの一コマ

Brian Epstein and the Beatles looked at each other apprehensively. “We’ve never smoked marijuana before,” Brian finally admitted. Dylan looked disbelievingly from face to face. “But what about your song?” he asked. “The one about getting high?” The Beatles were stupefied. “Which song?” John managed to ask. Dylan said, “You know…” and then he sang, “and when I touch you I get high, I get high…”
John flushed with embarrassment. “Those aren’t the words,” he admitted. “The words are, ‘I can’t hide, I can’t hide, I can’t hide…’”

ブライアンエプスタインとビートルズはやきもきして互いの顔を見合せた。「我々はマリワナを吸った事などありません」とブライアンは遂には認めた。ディランは信じられないとばかりに皆の顔を順に見た。「でも君の歌はどうだい」彼が尋ねる。「ハイになる歌だよ」ビートル達は呆然とした。「どの歌ですか」ジョンが辛うじて尋ねた。ディランが「あれだよ」と言って歌い出す。「君に触れるとハイになる、ハイになる…」
ジョンは恥ずかしくなって顔を赤らめ「そんな詞ではありません」と言った。「正しくは「隠せない、隠せない、隠せない…」ですよ」

64年2月9日、エドサリバンショウ

you/I や say/feel がテレコになってたりするけどまあ細かい事なんてどーでもいいか。

それにしてもマッカートニーの言うこの「全くの共作(very co-written)」は、サビが二つあるみたいな曲構成と言いメロディと言い、何を取っても名曲だ。

ドイツ語版

ビートルズ

Posted by deni