歌詞和訳 Night Ranger – Rumours In The Air

Midnight Madness,ナイトレンジャー

83年発表の第2作アルバム Midnight Madness 所収。

Rumours In The Air

(Jack Blades)

Used to call me by my first name
Now you never even call me at all
Used to say I was your only flame
It was so simple I believed it all
前はファーストネームで呼んでくれてたのに
今じゃ電話の一つもくれない
あなただけを愛してると言ってたその言葉を
信じ込んでたとは俺もとんだお人好しだったよ

Now I hear you’ve got a new friend and lover
Who keeps you warm on the cool cool nights
There’s a rumor in the air don’t seem right
新しい友達みたいな彼氏ができたって聞いたよ
寒い夜でも君を暖かくしてくれるってね
本当とは思えない噂が飛び交ってるよ

Rumors in the air like a thief in the night
Taking more than their share
Taking more than their right
Rumors in the air like a thief in the night
Rumors
Rumors in the air
夜盗の様に噂が立つ知らない所で
話は大きくなる
そんな権利もないのに
知らぬ間に噂は流れる
風聞,流言飛語
飛び交う噂

Used to call me when you felt the pain
Now you never even feel it at all
Used to swear that we would never change
And like a fool I believed it all
つらい時には電話をくれてたのに
今じゃそんな気にさえならない
俺たちは決して変わらないと誓い合った
その言葉をバカみたいに俺は鵜吞みにしてた

Now you say you had a weekend of trouble
As you stare me down with those cool cool eyes
There’s a rumor in the air don’t seem right
今度は冷めた目つきで俺を見下ろしながら
厄介な週末を過ごしたなんて言う
本当とは思えない噂が飛び交ってるよ

Rumors in the air like a thief in the night
Taking more than their share
Taking more than their right
Rumors in the air like a thief in the night
Rumors, rumors
Rumors in the air

Used to call me by my first name
Now you never even call me at all
Now you say that I’m the one to blame
Doesn’t matter how I feel at all
前はファーストネームで呼んでくれてたのに
電話の一つもくれなくなった
今じゃ悪いのは俺だなんて言う
こっちの気持ちも考えないで

Well I hear you’ve got a new friend and lover
You’ll take him down it’s so plain to see
Well there’s a rumor in the air killing me
新しい友達みたいな彼氏ができたって聞いたよ
どうせ彼もやり込められるんだろうね
耐えられない噂が飛び交ってるよ

Rumors in the air like a thief in the night
Taking more than their share
Taking more than their right
Rumors in the air like a thief in the night
Rumors, rumors
Rumors in the air

Rumors in the air (x3)

Rumors (x3)
Rumors in the air

噂 = rumor(米国綴り) = rumour(英国綴り)

ナイトレンジャーは米国のバンドなのに正式な表題は Rumours In The Air らしい。なぜなんでしょ。

しかしこの語り手は噂と言うが、それも全て彼の妄想かも知れない…

あのアルペジオの音は当時でも既にシンセで再現可能だったろうが、わざわざギターでディレイ使って、しかもボリューム回しながら弾くからいいんです。ゲートリバーブなんかにも一脈通ずる音作りだろうか。ま、こっちは半分手動だけど。

0:38
このジャックブレイズの電話をかける仕草を対訳の参考にした。
(ファーストネームどころか)呼んでくれさえしない、と取る事も出来るのだが。