歌詞和訳 Eddie Cochran – Somethin’ Else コード

エディコクラン

1959年発表、米58位、英22位を記録。

Somethin’ Else

(Sharon Sheeley, Bob Cochran)

A B C# D
A B C# D A

D D  D D
Ah, look a-there, here she comes
D
There comes that girl again
Wanted to date her since I don’t know when
A
But she don’t notice me when I pass
G
She goes with all the guys from outta my class
A G
But that can’t stop me from a-thinkin’ to myself
D
She’s sure fine lookin’ man
She’s somethin’ else
おい、見ろよ、来たぜ
またあの娘のお出ましだ
いつからかずっとデートしたかったんだ
でもすれ違ったって気付いてもくれない
付き合うのは金持ち男ばかり
それでもこう思わずにはいられないよ
間違い無くマブいぜ
あの娘は別嬪


Ah, look a-there, across the street
There’s a car made just for me
To own that car would be a luxury
But my dollar can’t afford the gas
A brand new convertible is outta my class
But that can’t stop me from a-thinkin’ to myself
That car’s fine lookin’ man
It’s somethin’ else
おい、見ろよ、道の向こうだよ
俺にぴったりの車があるじゃんか
あんな車が手に入ったら贅沢だな
でもガソリンすら買えねえのが今の俺
ピカピカのコンバーチブルなんて高嶺の花
でも考えずにはいられないさ
超カッコいい車
別格だなって


Ah, look a-here, just wait and see
Worked hard and saved my dough
I’ll buy that car that I been wanting so
Get me that girl and we’ll go ridin’ around
We’ll look real sharp with the white top down
I keep right on a-dreamin’ and a-thinkin’ to myself
When it all comes true man, wow
That’s somethin’ else
よし、今に見てろ
バイトも頑張って金も貯まった
ずっと超欲しかった車を買ってやる
彼女を呼んでくれよ、ドライブだ
白のコンバーチブルがありゃ俺らも超キマる
そんな事を夢見てずっと考えてるよ
実現したら
最高だろうなって


Ah, look a-here, what’s all this
Never thought I’d do this before
But here I am a-knockin’ on her door
My car’s out front and it’s all mine
Just a forty-one Ford, not a fifty-nine
I got that girl and I’m a-thinkin’ to myself
She’s sure fine lookin’ man, wow
She’s somethin’ else
なあ、見てくれよこれ
前はこんな事するなんて思いもしなかったけど
現にこうしてあの娘ん家のドアをノックしてる
車は前に駐めてあってもちろん俺のさ
最新の59年じゃなくて41年式フォードだけど
彼女も今や俺のもの、だからこう思ってんのさ
マブくって
最高の女だってね


冒頭と、表題を含む最後の無調のボーカルラインが特にイカす(無調だから尚更、優れた音感とリズム感が無ければ成し得ない業)。
一方それらに挟まれた詞の中身に目を向けると、本作に限らぬが、心情や場面をかなり具体的に伝えるだけでなく、ちょっとトホホな味も加えられ、起承転結がしっかりしている。おまけに韻律(脚韻)は完璧(彼の歌を分析的に語るのは野暮ってモンだろうけど…)。
作者の Sharon Sheeley はエディコクランの恋人で Bob Cochran は実兄、つまり本作は歌唱者の手による作品ではないが、彼の流儀に忠実に則って書かれたのだと察する(自作品と言われても何ら違和感が無い)。
因に Sheeley(1940–2002)はコクランが死亡した交通事故(60年)の際のハイヤーの同乗者の一人(もう一人は Gene Vincent)。

表題 Somethin’ Else = something else = 何か別の(もっと優れた)もの
従って訳語としては格や嬪が適当だろう。
(別嬪は、口語としては余り東日本では使われない気がする)

dough = 現金(原義は、こね粉、パン生地→doughnut)

convertible = top down = コンバーチブルの車
ロカビリーにはやっぱアメ車が似合う。
詞中の forty-one Ford はこんな感じ。

1941 Ford Super Deluxe Convertible Coupe

Wow! That’s somethin’ else!

エディコクラン

Posted by deni